限界突破wifi 通信障害。 どんなときもWiFiから限界突破WiFiへ

評判最悪!?トラブル続きのクラウドSim。ZEUS WiFiにはだまされるな!

限界突破wifi 通信障害

「使い放題」をうたう通信サービスを提供している「限界突破WiFi」だったが…… 限界突破WiFiでは、複数のSIMカードが差し込まれた「SIMサーバ」を運用しており、ここから、各ユーザーへの通信を遠隔で割り当てている。 通常の使い方であれば、満足できるデータ容量を確保できるというが、一部のユーザーが数TBという膨大なデータ通信を行ったことで、SIMサーバの稼働が不安定になり、局所定な不具合が発生しているという。 3月7日時点では、1日の利用データ容量が3GBに達した場合、下り1Mbps前後に速度が低下していた。 その後、メーカーに改善要求をしたところ、3月12日時点で低速時の速度は下り5Mbps前後に改善された。 その後もメーカーや供給先との交渉を続けてきたが、供給元からの「突然の条件変更」により、4月1日以降は「1日5GBまでは高速通信が可能」「5GBを超えると下り4Mbps、上り1Mbpsに速度低下」「1日10GBを超えると128kbpsに低下」が最善策だという。 通信量は毎日24時にリセットされる。 つまり現状では、同社がうたう「ネット使い放題」は提供できない状況となっている。 そこで、納得できないユーザーに対しては、3月の利用料金(3500円)と解約手数料(1万8000円)なしで解約可能とする。 (解約はしないが)3月の利用環境に納得のいかないユーザーに対しては、3500円の返金対応をする。 さらに、「完全無制限で使えると聞いたから、固定回線や大手キャリアを解約して、限界突破WiFiを契約した」といったユーザーに対しては、もとの環境に戻るための費用(固定回線やキャリアの初期費用など)もエックスモバイルが負担するという。 同社はで、返金申請フォームと解約申請フォームを案内している。 関連記事• 最近増加傾向にある「容量無制限」をうたうモバイルWi-Fiルーターに、「つながらない」「速度が遅い」といった声が散見される。 一体それはなぜなのだろうか。 エックスモバイルが10日、スマホ型のモバイルWi-Fiルーター「限界突破WiFi」を発売した。 クラウドSIM技術を用いており、SIMカードを差し替えることなく、世界107カ国で通信ができるのが特徴。 本体代金や契約手数料は無料で、通信料金は国内の場合が月額3500円(税別)、海外の場合は1日380円からとなる。 筆者の連載でも何度か取りあげた「クラウドSIM」。 モバイルルーターだけではなく、SIMやスマートフォンでも使えるものが出てきました。 新たに登場する対応スマホを紹介しつつ、改めてそのメリットとデメリットを改めて見ていきましょう。 「1台で全世界で使える!」「100か国以上の国をカバー!」とうたうモバイルルーターが増えてきました。 その仕組みと、メリット・デメリットを見ていきます。 MAYA SYSTEMは、1月16日にクラウドSIMテクノロジーを搭載したSIMカード不要スマホ「jetfon」の音声SIMセットを販売開始。 端末購入時に「CNモバイルONE」の音声対応SIMを契約すると、端末価格が1万円引きの1万2800円(税別)で購入できる。 オプションで海外通話も利用可能だ。 関連リンク•

次の

【検証】THE WiFi(どスゴイWiFi)は通信障害はないの?データ容量の制限はどう?

限界突破wifi 通信障害

結論から 今選ぶべきWiFiのサービスはこれだ 前提として「通信制限はあるもの」と考えて契約 後述しますが、クラウドSIMというサービスの性質上「完全無制限」という状態は有り得ません。 開始まもなくのサービスで、よほど回線に余裕がある状態であれば別かもしれませんが、どのサービスでも制限は必ず存在します。 それを踏まえた上で、現在選ぶ基準は 「制限の目安を明示、あるいは月間の通信量を明確に保証するサービス」であるか否かです。 ほとんどのサービスでは「ネットワークを占有するレベルの通信を行った場合に制限」「違法ダウンロードなどをした場合に制限」などの注意書きがなされていますが、これがどの程度まで問題ないのか具体的に明示しているサービスは極少数です。 これらを踏まえて、今オススメのサービスは以下の通りです。 翌日朝9時に制限解除。 無制限プラン在庫あり。 100GB保証の超大容量プランもあり。 制限時は制限時は384Kbpsに速度制限。 翌月初に解除。 当日24時にリセット。 現在、在庫切れ。 再入荷時期未定 現在20社ほどのサービス会社が存在しますが、300GB前後使用可能なサービス、150GB前後で制限が掛かるサービス、問い合わせしても基準を明確に提示できないサービスに分かれます。 上表では300GB前後 1日10GB程度 使用ができることを明示している、制限の緩いサービスに絞ってピックアップしています。 そもそもクラウドSIMってどんな技術? 大量のSIMを一元管理し、データ量を分配する技術 クラウドSIMのサービスではSIMプール あるいはモデムプール と呼ばれる機器に大量のSIMカードを挿し、これを1つの回線として利用する技術が使用されています。 当然ながらSIMのデータ量=ユーザーが使用できるデータ量となるわけで、ユーザー同士でデータ量を分け合ってると言うことになります。 本来は海外ローミングを現地のSIMを使用することで格安で利用できるといったメリットがありましが、日本国内では無制限で使用できるWiFiとして売り出すことが多いのが現状です。 次々と発生してしまった通信障害 2020年2月頃から一部サービスで通信障害 それまでもサービスごとに通信障害自体はありましたが、顕在化したのがこの頃です。 「どんなときもWiFi」や「 」を使用していたユーザーから、極端に速度が低下している、あるいは電波をそもそも掴めないといった報告が上がるようになりました。 以降、3月~4月にかけて、運営側から改善したとの発表がなされるも、多くのユーザーに通信障害が残る結果となり、新規申し込みを停止したり、対象月の月額料金の返金や無償解除等の対応が行われることなります。 また、5月になってからコロナウイルスの影響で在宅ワーク需要が高まったことを起因とし、THE WiFi、めっちゃWiFi *両サービスとも同じ会社が展開 、GMOのギガゴリWiFiなどでも通信障害や新規申し込みの停止に追い込まれました。 ただ、このような中でも に関しては、運営会社の社長自らがYouTube上で経緯を包み隠さず公表し、無償解約、他社乗り換えの場合の費用負担、月額免除などの対応をいち早く発表し、制限内容についてもしっかり明示することでユーザーの信頼を得た例もあります。 収益ベースに乗せるためには当然の流れでは有りますが、これが以下の要因により、結果として通信障害を招く形となります。 特にソフトバンクのSIMは大容量のデータ量を比較的安価で仕入れが可能であったため、完全無制限を謳う各サービスはソフトバンク回線に依存していた部分が大きかったのが実情です。 しかし、3~4月頃にかけて、コロナの影響により各通信会社のトラフィック 通信量 も全体的に大幅な増加を示し、これまでのような供給が出来なくなってしまいました。 これは一部利用者による回線の占有を防ぐ目的でもありますが、 の場合は当初、このような設定がなされておらず、公式発表によれば1人で4. 4TB 4400GB を超える通信を行った例もあったとのこと。 クラウドSIMの性質上、サービス会社が確保しているデータ量を契約ユーザー同士で分けて使用している関係で、このように少数のユーザーが大量の通信を行ってしまうと、データ量が枯渇し、結果として全体で制限が掛かってしまうという状況になりました。 光回線を申し込んだとしても、最短でも数週間、遅いと2ヶ月ほど開通までに時間が掛かってしまうため、即日開通可能なクラウドSIMやWiMAXのようなモバイルデータ回線は必然と需要が伸び、結果としてどこも在庫が枯渇するような結果となりました。 平時であれば問題の無いユーザー数であっても、全体的にトラフィックが上がったことで、SIMの調達量が不足し、結果として通信障害を起こしてしまいました。 しかしコロナの影響でこの機器の製造および輸入が大幅に遅延し、急激に増えたユーザーを賄いきれなくなってしまいました。 クラウドSIMの問題点とは?無制限でない理由 無制限は有りない 確保したSIMカードのデータ量を分け合って使うというシステム上、完全に無制限というサービスはありえません。 それも3000円程度の月額料金で実現させるのは不可能です。 自社回線でないため、キャリア側の都合に左右される 自前で回線を用意しているわけではなく、あくまで大手通信キャリアのSIMを提供してもらってサービスを展開している以上、キャリア側が供給量を制限したり、単価を上げるなどした場合はその影響を大きく受けてしまいます。 2020年に多くのサービスで障害が起きたのもソフトバンクからの供給が十分になされたかったことに起因します。 物理SIMの優位性 WiMAXやY! mobileなどの従来からあるサービスでは、SIMカードを個々の端末に挿入し、それによってデータ量を管理しています。 これであれば、たとえ一部ユーザーが大量のデータをしようしたからといって、ネットワーク全体に影響を及ぼすようなことはありません。 実際、WiMAXも長年サービスを提供していますが、大規模な障害が起きたことは台風により一部地域に障害が発生したくらいで、ここ何年も大きな問題は起きていません。 そのため、現在ではクラウドSIMに乗り換えた人たちが再びWiMAXなどのサービスに戻る動きが多く見受けられます。 景品表示表の有利誤認には当たらないのか おそらく遠くないうちに規制される見込み 結論から言えば、無制限を謳っておきながら通信量に制限を設ける可能性があれば、それは有利誤認に当たります。 かつてWiMAXやY! mobile 旧イーモバイル などでもデータ制限が問題となった過去があります。 特に契約書の片隅に小さく書かれていたり、ユーザーにしっかりと説明されることが無いまま契約してしまう事例が多発し、現在では制限内容は必要以上に明示されています。 現在無制限を謳うWiFiのサービスは、この2年ほどで急速に増えたため、今のところ無法地帯となってしまっています。 良識あるサービスでは1日あたり、あるいは月間の通信量の目安を公表してはいますが、一部のサービスでは問い合わせても明確な基準を答えないようなところも存在しています。 多くのサービスで通信障害などが起こって問題となっている現状があり、WiMAXやY! mobileの時と同様、指導が入るなどし、これらの表現が制限される可能性が高いでしょう。 今後のクラウドSIM対応WiFiサービスの展望 ユーザーの信頼を得た数社のみが生き残り、残りは淘汰される 2019年から2020年にかけて、クラウドSIMのサービスを提供する企業が急速に増えました。 通信障害は仕方のないことでしたが、その後のユーザーへの対応などは各社分かれる形となりました。 あまりに増えすぎたサービスですが、今後は体力が無く、ユーザーの信頼を得られてない企業から順に撤退していき、徐々にその数を減らしていくことが容易に予想されます。 現在選ぶ基準は 「制限の目安を明示、あるいは月間の通信量を明確に保証するサービス」であることは間違いありません。 WiFi選びの参考になれば幸いです。

次の

【専門家監修】無制限WiFiに騙された人は注目。今選ぶべきWiFiとクラウドSIMの問題点 (どんなときもWiFi/限界突破WiFi/めっちゃWiFi/THE WiFiなど…)

限界突破wifi 通信障害

限界突破WiFiは「繋がらない」「切れやすい」で有名だった は当初、いつの間にか「繋がらない」「切れてしまう」ことが多々ありました。 限界突破WiFi購入後1か月程度はしょっちゅう繋がらなくなっていた の契約直後は速度や通信状態が残念すぎて、しばらくはWiMAXやどんなときもWiFiに流れていた私。 あまりにも「繋がらない、突然切れる」ことが続いたためです。 ある日突然読み込みが遅くなり、調べてみるといつの間にかソフトバンク回線からRakuten mobile 楽天モバイル のMVNO回線を掴んでいることが多々ありました。 限界突破WiFiでMVNO回線を掴んでしまうと、端末を再起動するまで掴みっぱなしになります。 再起動には5分少々掛かるため、常時接続が必要な作業や仕事をするにはなかなか不都合なものですよね。 その後のアップデートで改善されたかと思いきや… 引用: その後2019年11月末に限界突破WiFi側から通信と接続数に関するアップデートが発表され、端末を更新。 期待して更新してみましたが、その後もいまいちその状態が改善されなかったのは残念でした。 ただユーザーの声を元にアップデート等で改善を試みようとすることは好印象を受けましたし、この調子で行けばいつかは改善されるはずという気持ちを持つこともできました。 今ではそこそこ快適に通信できるようになっています。 アップデート後、不調が改善されて快適な通信ができるようになった 2020年に入ってからも限界突破WiFi側からのアナウンスがあり、システムアップデートなどがありました。 特に2月のアップデート以降はそれまでの不安定な通信が改善され、快適な通信ができるように。 当初の繋がらなさや、低速回線を掴んでしまう状態はほとんど無く、速度も安定しているため、今では毎日カバンに入れて持ち歩いて使っています。 どの時間帯に使ってもまあまあの速度が出て、突然切れることもほとんど無くなりました。 どんなときもWiFiはときどき通信障害が起きて繋がらないことがある 2019年3月のサービス開始以降、どんなときもWiFiではときどき通信障害が起こり、数日間に渡って繋がらない事案が発生しています。 特に2020年2月末に起こった通信障害に対しては翌月の月額料金減額や違約金負担免除措置などを設けており、対応としてはとても親切。 限界突破WiFiはこれまでどんなときもWiFiほどの通信障害を起こしたことはなく、現在は通信状態も改善されています。 その際に考えられる原因をいくつか挙げてみました。 同時接続台数が9台以上となっている 限界突破WiFiの同時接続最大数は8。 それ以上の9台を接続しようとしている場合は、繋がらないことがあります。 またどのポケットWiFiにも言えることですが、最大接続数ギリギリまで使うと通信速度はどうしても落ちるもの。 どんなときもWiFiなどは5台まで可能ではあるものの、推奨されているのは2台程度となっています。 通信速度が気になる人は、限界突破WiFiでもせめて4台程度で運用するようにしてみましょう。 ただこの機能は、AppStoreやGooglePlayなどのインストール、大容量通信などをできない仕様にするもの。 ソフトのダウンロードや更新前には、 端末内の設定から防護機能がオフになっているかを一度確認してみてください。 通信速度制限に掛かっている 大容量通信による回線占有、違法ダウンロードなどの不正行為があった場合は、限界突破WiFiでも384Kbps以下の通信制限に掛かることがあります。 ただ動画の再生やSNSのアップロード程度では制限に掛かることはありませんので安心してください(とりあえず1日30GB、月200GB使ってみたけど問題なし)。 キャリア自体に通信障害が発生している クラウドSIMを採用しっている限界突破WiFiでは、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアのネットワークエリアを使用した通信をしています。 そのためいずれかのキャリアで通信障害が発生した場合に、端末がその回線を掴むことがあれば通信ができない状態に陥ってしまうわけです。 キャリアの通信障害が全国的に起きるのは、あっても数年に一度程度なので、あまり心配する必要はありませんね。 機器に不調が起きている 手元に来た端末が不良品だった場合、再起動を掛けたりソフトウェアを更新したりしてもうまく接続できないことがあります。 発売当初は対応が遅いとよく言われていましたが、現在では割と早く対応してくれます。 サポートデスク連絡先: faq mosimosiix. jp 限界突破WiFiが繋がらないなんてもう過去の話、今はおすすめのポケットWiFi 限界突破WiFiが繋がらない、突然切れて困る状態から、アップデートで改善された話や、どうしても繋がらない時に考えられる原因について解説してきました。 使い始めた当初は不安材料も多くいまいちなポケットWiFiに感じていましたが、今ではおすすめできるポケットWiFiです。 他社と比較したのが以下の表。 月額料金では他社にやや劣るものの、初期費用無料であり、全国の代理店で即日購入できるのが限界突破WiFiの強み。 すぐにクラウドSIMを手に入れたい人に向いているポケットWiFiと言えます。 他のポケットWiFiも気になる人はぜひこちらの記事も参考にしてください。 公式:.

次の