お名前を頂戴出来ますか。 「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と「ちょうだい」の違い

電話対応で、相手が名前しか名乗らなかった場合は、所属や社名を何と言

お名前を頂戴出来ますか

イベント等で出席者の名前を確認しなければならないとき、あるいは初対面の相手と対峙したときなど。 相手から名前を聞かなければならないシーンはたくさんあります。 そして相手の名前を知り、名前で呼びかけることは大事なこと。 過去に会って聞いていたり、名刺をもらっていたりしているはずなのに名前が出てこない場合を除き、「ちょっと、あなた。 」のような呼びかけは相手に不快な思いを抱かせることになりかねないからです。 さて、その「名前」。 相手に失礼の無いように聞くにはどのように言ったらいいのでしょう。 そこで、ちょっと記憶をたどってみてください。 あなたは、「お名前を頂戴できますか?」と言われた経験はないでしょうか。 この「お名前を頂戴できますか」というフレーズですが、どう使えばいいのか、詳しく見てみましょう。 「お名前」という言い方は名前に「お」をつけて丁寧にしていることから、敬語といえます。 そのあとに続く「頂戴する」は、「もらう」の謙譲語なので、形だけをみると敬語ということになります。 しかし「お名前を頂戴できますか」の内容を考えると、「日本語としてどうなの?」という疑問が。 つまり「お名前を頂戴できますか」は、ストレートに言うと「お名前をもらえますか」と言っていることになるので、間違った言葉遣いになるというわけです。 相手に名前を尋ねるときの正しい敬語表現とは では、相手に名前を尋ねたい場合には、どのように聞くのが正しいのでしょうか。 丁寧語や尊敬語、謙譲語を含む敬語を上手に使って表現してみましょう。 まず、「お名前」はそのままで大丈夫。 「頂戴できますか」は、「お聞きできますか」「お伺いできますか」「お教え願えますか」「お聞きしてよろしいですか」などに言い換えましょう。 例文としては、以下のような表現が相手に名前を尋ねるときに使う正しい敬語表現といえます。 <例文> 「誠に恐れ入りますが、お客様のお名前をお伺いできますか?」 「大変恐縮ですが、お名前をお教え願えますか?」 「差支えなければ、お名前をお聞きしてよろしいですか?」 「恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?」 「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」 「お名前様」や「お名前を頂けますか」にも気をつけよう 「お名前を頂戴できますか」以外にも気をつけるべき表現があります。 「お名前様頂けますか?」や「お名前を頂けますか?」という尋ね方がそれです。 もしかしたら、実際に言われたことがある人もいるかもしれません。 まず「お名前様」は二重敬語であるだけでなく、「名前」という人格の無いものに「様」をつけている点でも間違っています。 また、「頂けますか」も「もらえますか」という意味なので、「頂戴できますか」と同様の間違いということになります。 まとめ 相手に名前を聞くというのは、ビジネスの場において基本中の基本。 失礼のないように……と思うあまり、ひたすら「お」や「ご」、「様」をつけて丁寧にすることだけに気を取られると、慇懃無礼になったり間違った敬語になったりしまうので注意しましょう。 ・執筆:山岸りん 短大卒業後、自動車ディーラーをはじめ金融関係、介護関係、保育、学習塾と幅広い業種での経験があり、現在は学習塾で小学生の指導に携わる。 趣味はインテリア雑貨のハンドメイド。

次の

受注制作★お名前手刺繍お入れ出来ます★おしゃれな入園入学グッズ レッスンバッグ&上履き袋セット 魚柄 男の子 女の子

お名前を頂戴出来ますか

担当者の不在により、代わりに伝言を受けることも多いかと思います。 「お伝えする」は伝える相手(この場合は社内の人)を高める表現の敬語です。 クライアントとのやり取りのなかで、身内である社内の人を高めていることになるためNG。 もし、外出している職場の先輩から電話がかかってきて部長への伝言をお願いされた場合は、部長を高める表現がふさわしいため「かしこまりました。 部長にその旨お伝えします」という言葉が正解となります。 誰からの電話で、誰にメッセージを伝えるのか、自分の立ち位置によっても言葉が変わるので難しく感じますが、誰を立てるべきなのかをよく考えると理解しやすいですね。 (5)「お電話の声が遠いのですが」 このように言ってしまうと「あなたの声が小さくて聞こえない」というような言い回しに。 「申し訳ございません。 お電話が少々遠いようなのですが……」が正解。 失礼な印象を与えずに、やんわりと声が聞こえづらい状況を伝えましょう。 正しい言葉遣いは、「この方(会社)なら仕事を任せても大丈夫」という信頼感を与えます。 NGワードが口癖になっている方は、デスク周りに正しい言葉遣いを書いた紙を貼って口に出すように心掛けるといいかも。 何度も言葉に出すことで、自然と身についていきますよ。 文/西谷依里子 画像/PIXTA(ピクスタ)(xiangtao、shimi、polkadot、EKAKI)• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

「頂戴」の正しい意味と使う際の注意点

お名前を頂戴出来ますか

「お名前頂戴してもよろしいでしょうか?」「誰を呼び出しますか?」の言い方 会社に電話がかかってきて、相手が名乗らない時や聞き取れなかった時に 「恐れ入ります、(もう一度)お名前頂戴してもよろしいでしょうか?」と 使う人がたくさんいます。 ご存知の方教えてください。 投稿日時 - 2005-03-15 16:35:46 こんにちは。 電話の応対は終日行っている者です。 前者のご質問ですが、 「失礼ですが、どちら様でしょうか。 」 「恐れいりますが、 もう一度 ご社名をお願いできますか。 」 「恐れいりますが、 もう一度 お名前をお伺いしてもよろしいですか。 」 「失礼ですが、どのような字をお書きしますか。 」 と、様々なバリエーションがあります。 得に4番目の聞き方は、2回聞いても聞き取れない時に有効なテです。 次のご質問ですが、 「どちらにお繋ぎいたしましょうか。 」 が、妥当ではないかと思います。 また、 「申し訳ございません、お電話が遠いようですので。 」の方が、 「申し訳ございません、よく聞き取れないのですが。 」より、相手の心証が良いようです。 電話のマナーのサイトを色々みたところ、 「お名前を頂戴云々」は出ていませんでしたが。 投稿日時 - 2005-03-15 16:54:59 私も電話のオペレーターやってました。 ワンポイントアドバイス? ・相手の声がもし小さくて聞き取りずらかったら。 お客様に『お客様、申し訳御座いません。 お電話が遠いようなですが・・・』といって見ましょう。 これは、お客様の声が小さいから大きくしてとアピールしておらず、しかもお客様のせいにしていないので有効です(つまり電話のせいにしてるんですね(^^)。 ワンポイントアドバイス? ・相手の声がもし小さくて聞き取りずらかったら。 お客様に『お客様、申し訳御座いません。 お電話が遠いようなですが・・・』といって見ましょう。 これは、お客様の声が小さいから大きくしてとアピールしておらず、しかもお客様のせいにしていないので有効です(つまり電話のせいにしてるんですね(^^)。 私もよく、こう聞かれますし聞きます。 これとは別に「お客様のお名前を控えさせていただいても構いませんか?」とも聞く事があります。 >もう一度聞き返すとき、なんと言えばいいのでしょう? この場合は「申し訳ございません、お声がちょっと遠いのですが」と聞き返しています。 上記は全て会社での電話の取り次ぎ方になります。 もし自宅にかかってきている電話の声が不明瞭なら「申し訳ございませんがよく聞き取れませんでしたので、もう一度お聞かせ願います」で如何でしょうか? 投稿日時 - 2005-03-15 16:47:34.

次の